記事一覧

  • 2014年11月29日(土)10時13分

う~ん! 女性ガイドの活躍が注目だ。

アップロードファイル 37-1.jpgアップロードファイル 37-2.jpgアップロードファイル 37-3.jpg

女性ガイドががんばっている。

今朝、新聞開いてみたら、旭岳、東川、ガイド、そして青木倫子のキーワードが目に飛び込んできた。

シーズン前に雪崩対策だ。地元ガイドを取りまとめて研修会を行っている。
具体的な活動であり、有用な取り組みだと思う。

安全登山分野でも女性ガイドのリーダーシップが発揮され始めている。いいことだ!
女性の進出にますます期待したい!

  • 2014年11月25日(火)20時33分

本会 阿部夕香理事 本日南極に向け出発!

アップロードファイル 36-1.jpgアップロードファイル 36-2.jpgアップロードファイル 36-3.jpg

 先にも本コーナーで紹介していた南極地域観測隊FA阿部理事。
 本日、樋口顧問の見送りを受けて出発した。
樋口顧問は、北海道山岳ガイド協会所属ガイドに南極進出への足がかりを作っていただいた初代FAだ。おかげさまで本会からは6度にわたって南極FAが選任されている。
 今回は、初めての女性FAだ。今般、国を挙げて各分野に女性進出が促され期待されている。閣僚の女性お二方は残念なことに失敗こいたようだ。
 阿部理事!政府与党も注目していると思う。夕香ちゃんのスキャンダルで与党惨敗。何事もなければ現状維持。HMGAの幟が南極に上陸すれば与党圧勝と思う。なんと言っても日本山岳ガイド協会の会長は谷垣さんだ!大きな期待が寄せられているものと思う。

 野党は阿部夕香理事の動向が気がかりかと思う。政局は阿部理事にかかっている!

 初の女性FA!存分に活躍していただきたい。

 北海道の山岳ガイド業の延長戦には南極がある!目指してみないか!

  • 2014年11月19日(水)06時53分

プロガイドの活動は山だけじゃないぞ!取材・調査・編集・出版だ!

アップロードファイル 35-1.jpgアップロードファイル 35-2.jpgアップロードファイル 35-3.jpg

登別の寺口ガイドがまたまた辞典を出した。
前回は一等三角点辞典だったが、今回なんとアイヌ語辞典だ。

28,000語という途方もない数を収録した一書となっている。A4版490ページで厚さ2cm、重さも1㎏近くある。

プロガイド、山登るだけじゃない。幅の広い活動に改めて脱帽だ。

一部¥5,000で限定100部だ。
ご希望の方、TEL/FAX;0143-86-5795 寺口ガイドまで。

  • 2014年06月25日(水)15時19分

第56次南極地域観測隊 本会理事 阿部夕香出発。

アップロードファイル 34-1.jpgアップロードファイル 34-2.jpgアップロードファイル 34-3.jpg

本会所属の現役ガイド阿部夕香が南極に出発する。野外活動支援業務=Field Assistance=FAだ。
本会からは6度目、5人目の派遣となる。しかも初の女性FAだ。

調査観測のための安全管理、野外活動設営、その他なんでも・・・。極地での活動だ。

北海道の有資格山岳ガイドの活動域は国境を越えてさらに国境のない世界となった。しかも女性に門戸が開かれている。
ガイド業の未来は明るい!

夕香ちゃ~ん。お土産はペンギンでお願いしま~す。

  • 2014年04月17日(木)13時59分

棒ラーメン !ピ~ンチ!

アップロードファイル 33-1.jpgアップロードファイル 33-2.jpgアップロードファイル 33-3.jpg

 ご存じマルタイの「棒ラーメン」。
 今日のネットニュースで「業績赤字」の文字が並んでいた。記事の中でももちろん「山ヤによる古くからの厚い支持」について触れられていた。

 http://topics.jp.msn.com/wadai/j-cast/article.aspx?articleid=4079015
 ネット上で既に支援の呼びかけが行われていて、「箱で買う!」「箱で買え!」が結構力強く発信されている。
 
 山の食料もずいぶん変ってきた・・・。
 川越会長の時代は多分「ペミカン」(死語かな~。)
 現石川会長で「棒ラーメン」。
 それより新しい世代では「アルファ米」。
 もっと新しくなると「極食」。(フリーズドライ)

 自分はやっぱり「棒ラーメン」が良いな!最近持って出ることが極端に減ったけど、心を入れ替えて常備品・常食にする。
 昔は結構良い値段だったけど、今では100円ショップの定番品だ。一袋に2食分。1食\50円だ。
 同じく100円ショップでワケギと紅ショウガの小分けパック買ってセットにしておく。そして、昔はコレにパック飯添えてラーメンと一緒に雑炊なんかにしたモンだ。(今はもうそんなに食えない・・・。)

 大きな声で言いたい!
 写真中央のカロリーに注目だ!!
 1食僅かに「218Kcal」!!!
ラーメン一杯で満足感一杯。だけど200kcal
これは時代の要請に完全にかなっている。時代がやっとマルタイに追いついた。
 
 日本からなくすわけにはいかない!ぜひ厚いご支援をお寄せいただきたい。(100円ショップで買うだけ!)よろしく。
 

  • 2014年04月13日(日)11時31分

平成26年度 北海道山岳ガイド協会 通常総会・技術研修会

アップロードファイル 32-1.jpgアップロードファイル 32-2.jpgアップロードファイル 32-3.jpg

 今年度の会場は上砂川岳だった。お天気に恵まれた。ありがたい。

 本年の当会会員数は正会員・準会員・特別個人会員・顧問を合わせ総数86名。総会には68名が出席した。なんと80%だ。こんな通常総会あんまり聞いたことがない。普通は実数1割か2割で委任状を入れてなんとか過半数・・と思う。実参加者8割はスゴイことと思う。加盟ガイドの意識の高さの表れと思う。

 AM10:00集合に利尻から、知床から、阿寒、黒松内そして東京から会員が駆けつけた。

 恒例の山岳レースに始まり、昼食会、総会、大懇親会と続く。懇親会は毎年気を失うまで飲む剛の者もいる。ま~楽しい!
 プロガイドの集まりは本当に楽しい!
 今年は、協会初の乳幼児参加があった。子守担当理事を配しての開催だった。北海道山岳ガイド協会いろんな意味で着実に発展している。

  • 2013年10月17日(木)18時41分

10月3日 登山の日 北海道山岳8団体交流会

アップロードファイル 31-1.jpgアップロードファイル 31-2.jpgアップロードファイル 31-3.jpg

 北海道山岳8団体交流会なる集まりがある。

 ・北海道勤労者山岳連盟
 ・北海道山岳連盟
 ・日本山岳会北海道支部
 ・札幌山岳連盟
 ・道央地区勤労者山岳連盟
 ・日本ヒマラヤ協会
 ・HAT-J北海道支部
 ・北海道山岳ガイド協会
             以上8団体

 ゆるい集まりだ。年に一度、一堂に会し飲む!本当にただ飲むだけ!(ちょっと勉強になる出し物もある。)
 みんな山ヤで気の置けない仲間同志、実に楽しい会だ。一次会はちょっと気取った感じの会場になるが飲み始めたらカンケーない。あっちこっちで注いで注がれて出来上がっていく。
 二次会はもちろん「つる」だ!
いつの間にか日付が変わっていたりする・・・。

 会の幹事団体は毎年持ち回りだ。来年は我ら北海道山岳ガイド協会が幹事団体に指名された。担当役員もその日のうちに決まった。ハテサテどんなことになるやら・・・・。

  • 2013年08月22日(木)17時05分

本会所属ガイド 業務支援登山でも頑張っています。

アップロードファイル 30-1.jpgアップロードファイル 30-2.jpgアップロードファイル 30-3.jpg

 7月中旬に番組製作会社からガイド+他の依頼があり本会から4名が派遣されました。
 石川会長、柳田ガイド、今泉ガイド、照井ガイドです。

 現地での統括は柳田ガイド。お天気も良く大成功のようです。以下柳田ガイドからの報告です!

=7/15-7/17羅臼岳~硫黄山縦走(山中2泊3日)のBS-TBS「日本の名峰・絶景探訪」を無事サポートしてきました。
 主役は海洋冒険家・白石康次郎さん、ガイドするのは当会石川裕司会長です。会長も出演予定です。会長はガイド業は好きでもカメラが向くのは大の苦手とか・・・。それでもサポートする他のスタッフ柳田和美・今泉永二・照井大地をもうならせる63歳とは思えぬ「快走」・怪走?ぶりに一堂唖然。40kgオーバーを担いだ照井君もかすむほどでした。

さて、放映はBS専用チャンネルですが9/21(土)及び9/27(土)21:00~21:54の2日に分けて放映される予定です。詳しくは以下URLで。
http://www.bs-tbs.co.jp/meihou/
ちなみに石川会長はこのロケが終わった翌日の7/18-21も連続の羅臼岳~硫黄山縦走(山中2泊3日)で、若いもんには負けられない!!のガッツで一端札幌に戻られました。
なお、裏方3人は画面には出ませんのであしからず。ハイマツの中で画面に映らないように他の取材陣同様伏せっているか身をかがめて小さくしているように指示されてます。

また、浜田ガイドも同日程で十勝岳連峰のNHKの取材をサポートをしたようですね。=

 本会所属ガイド活躍してます!(事務局)

  • 2013年06月13日(木)15時02分

5月末の福島クマ騒動。同時期の幌延ヒグマ騒動。YouTubeで詳報!

福島でおひと方が亡くなられ、更に4名が重軽傷を負わされた熊害。そして時を置かずに幌延でも羆害が発生した事案。新聞の活字ではなかなか伝わらない現場の緊張感がニュース映像として報道されていました。

 YouTubeです。
http://www.youtube.com/watch?v=n7D1toquKhM

 野生の熊の脅威として認識しておく必要があるでしょう。羆に比べ小型でおとなしいといわれている黒熊「ツキノワグマ」でさえ、一人を死に至らしめ救助に向かった4名の大人に重軽傷を負わせています。
 羆ならもっと甚大な、被害であったかもしれません。
 
 交尾の季節です。山入りに際しては充分なる警戒と装備を怠りなく!
(また、街場にあっても気をつけましょう。世の中には偏頗で矯激的な熊愛護団体が存在します。野生の熊をサーカスの熊やディズニーのプーさんの延長で捉えている頭の暖かい輩がいます。惑わされることの無いよう、ご注意ください。)

お亡くなりになられた方のご冥福をお祈りしますとともに、重軽症4名の方にはお見舞い申し上げるものです。

  • 2013年05月02日(木)16時31分

「山の日」制定に向け始動 超党派議連、設立総会 (産経新聞平成25年4月10日)

 「山の日」の制定を目指す超党派の国会議員連盟が10日、衆院第1議員会館で設立総会を開き、祝日としての立法化に向けて動きだした。議連には58人が賛同し、会長に選ばれた衛藤征士郎衆院議員は「精いっぱい『山の日』づくりに尽力したい」とあいさつした。

 委任を含めて38人が総会に出席した。既に制定への運動に取り組んでいる日本山岳会など関係諸団体が活動を報告。各議員が山への思いなどを述べ、運動を盛り上げていくことを誓った。全員で唱歌「ふるさと」を合唱して閉会した。

 祝日増を望まない意見も一部にあり、立法化に時間がかかる。幹事に就く予定の丸川珠代参院議員は「国民の理解が重要。政治力を発揮し、各団体と協力して広く理解を得ていきたい」と述べた。